スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルサ講座メモ

バルサ講座メモ

【個人】
■FBをよけても、真っ白効果が残ってる間にもう一度FBを食らうと、
完全回避していてもブラインドになる

■スモークは、待ってる方が絶対に強い

■ダックキーで小ジャンプして敵を確認。なおダックキー二回で小さい段差は乗れる

■ダブルドアでのチラ見などは、飛び出すときの仕様がある。
要するにチラ見するなら自分は敵が見えない状態を維持したまま左右へ動くこと。
これだけで敵からすると、腕だけちょろちょろ見える状態になる。
これがチラ見の正しい動き方。
こっちが敵をチラっと確認できた場合は、敵からの視点では、ほぼ全身が見えてしまっている。

■チラ見は出る方が不利ならどう対策するのか。
もうそこに敵がいると思って決め撃ちするしかない。銃声で位置がバレてしまうリスクあるけど。

■しゃがみバニホ(バタ足バニホ)は、しゃがみジャンプからバニホに入るとできる。というかしゃがみジャンプからのバニホでしか出来ない。

■斜め移動や斜めハーフバニングでcat等に侵入しない。
これは不利な入り方。真横に移動して飛び出せば有利な出方。

■FBは最短で避ける。D2のA坂でcatの敵を待ってる場合は、
catからFBが来ても真下か左の箱(A坂ポイント側にある箱)を向けば全部よけられる。

■C4は移動してきたまましゃがみを入れて解除して速攻でジャンプして撃つと、
C4解除によるディレイ(約1秒間プレーヤの操作を受け付けない強制時間)が無い状態で発砲が出来る。
これはnoppoやbarusaやrappyもやってる。

■C4解除時、プロが最初っから敵を探しにいくのは、そこに敵が居ると確定している場合だけ。
普通は解除音を出して敵の居場所をあぶり出してから、敵との駆け引きを行う。その後解除。

■C4設置は、敵が全員反対のボムサイトに居るなど、状況によって即設置か少しクリアリングしてから設置するなど、C4設置のタイミングを使い分ける。

■はしごの最速の降り方はジャンプキーで降りて、前進キーではしごに張り付く。そのあともっかいジャンプキーで飛び降りる。これで音無く最速で降りれる。

[D2]
■catからAサイトのawpポイントと勝負するときは、しゃがんだまま左へ移動し敵が見えたら左キー離して撃つだけ。
これは相手からみるとしゃがみで決め撃ちされたように見える。仕様。WeMadeFoxは全員これやってる。

■T字からAポイントに上がるときは、斜め移動じゃなくて前後左右へのハーフバニングで移動する。
この動きで勝負するクセを作ること。

■cat守りで引く前提なら壁から離れて守る。
倒す前提ならPC画面上で2cm位はaim部分の空間(敵を視認できる範囲の空間)を空けて守る。
これは奥目に着地するバニホも浅めに着地するバニホへも対応するため。仕様。

[nuke]
■ダクトはハーフバニングで入ってはしごの場合と同じ要領で降りる

■コンテナにある窓などから降りるときは、しゃがみで出て着地の瞬間に立つと着地音が出ない

■Bポイントの周りにある地面が鉄板部分の金属音は、端をギリギリ走れば金属音がしない。CSOは無理。


【クラン戦】
■指揮官がAに居たら、Bの動き方を指揮するのは難しい。
だから各個人で状況を判断し行動を各自ですることも重要。

■FBを食らったら即座に報告。即顔出して撃ち合うか、
味方のFBが回復するのを待つか、という判断が分かれるから。
味方と一緒に敵を迎え撃つつもりが、
味方はFB食らってて引いたものの自分だけ飛び出して結果的に敵に倒されたら、つまらない。
報告があればこれを防げる。そのためFBを食らったら報告。

■体力の報告:catの守りの際、残り体力20とかで勝負したら不利。
でも1人で任されたら、逃げる態勢を作っておく。
そして敵が何人来たとかの情報だけ持ってすぐ逃げるのが基本。

■残り体力の少ない人は少数戦は後衛を務める。
迎え撃つ側が、先にライフ1のプレーヤが来たとき1発で倒してから場所を移動するという余裕・行動を取ってしまうのを防ぐため。これはWeMadeFoxのLANの報告を聞いていて気づいた。
日本はこんなこと、どのクランもしてなかった。

■マネーの報告は全部チャット。40 a→所持金4000でアサルトライフル持ってる。
40 need→所持金4000で武器持ってない

■遠距離FB(避けられないFB)は押さえておきたい


■どういう意図で作戦を使ってるのか考える。その作戦をやられたらどう対策するか、とか。

■作戦は常になぜそういう作戦を取ったのかを考えて、同時に最悪の状況を想定・対策しておく。
これは、自分達の戦い方に対して対策されてしまったとき、
何も対応出来ずただ殺されるだけだから。



[D2]
■Bトンの足音を聞いてるCT側としては、
VCで会話されるとBラッシュの音とかに集中出来ないので開始10-15秒は黙ってること。

■投げ物はフリーズタイムラスト3秒で買えば十分。フリーズタイムで速攻投げ物買って味方に武器を落とせないとか最悪だから。

■しゃがみ勝負はD2のcat前目・真ん中目での勝負でも有効
(移動方法は、しゃがみ移動で敵見えたら移動キーを離すだけ)

■D2catの例で言うと、T側カバーの出方としては、敵からの射線をずらすこと。
前に居る人がジャンプで出たら、後ろにいるカバー役はしゃがみ勝負で出る。
前がしゃがみ勝負で出たなら、後ろはジャンプで出る。
このような使い分け・連携は海外のプロはやってる。
先頭はこのようにカバーしやすい出方をすること。
中途半端に真ん中くらいで止まって撃つとかあり得ないということ。
後ろは逆にカバーとして正しいカバーを適宜、行うこと。

■CT側D2 Aトン出口の箱上にまず1人乗せる。そしてAの坂下に釣り役を1人配置。
Tが坂下のCTに集中してるときに箱上に乗っているCTがキルを取る。
釣りという配置を発展させると、Aトン前で釣っておいて、イザとなったらcatのカバーにも回りやすい配置を考慮するなど、戦略の幅を広げることも出来る。

■AロンからAサイトへ投げる遠距離FBも同じく、距離感をつかんでおくこと。ノーテンポで投げられるように。

■Bのケニー付近から見てるAWP対策のFBは、ダブルドアのアーチの上を通す。

■緑箱に張り付いてcatに投げる(支援の)FBを緑箱FBと言う。

■センターを少し降りてcatに投げる(支援の)FBをSKと言う。

■ヤシからcatにかけて、走りながらダブルドアに投げるFBは有効

■D2のBラッシュは基本的に弱い。プロは使ってない。
有利ポジションで連続キルを持っていかれる可能性が最も高いから。

■MYM:T側Aトン出口の安全な場所から同時にHEを複数投げる。なぜか強い。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

emimilia

Author:emimilia
SOVのクランブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。